セミナー・イベント

DTP総合セミナー 開催情報

デザイナー、広報担当者などの制作業務従事者に限らず、Adobe社製品(InDesign、Illustrator、Photoshopなど)の使い方、制作ノウハウを学びたい方、スクール・講座・研修をお探しの方なら、どなたでも受講いただけます。講師のほかにサポートスタッフが付きますので、安心してご参加ください。一般の方、民間企業の方のお申し込みもお待ちしております。

 

【お知らせ】

平成30年度DTP総合セミナー1回目は、申込数が最少催行人数を下回ったため開催を中止いたします。お申込いただきました皆様、ご検討中であった皆様には、ご迷惑をおかけするかたちとなりましたことを心より深くお詫び申し上げます。

開催概要

DTP入門セミナーDTPセミナーDTP実践セミナーの三つをセットにした、3日間の総合講座です。

素材作成、紙面レイアウトのほか、ご持参いただいたDTPデータを使って改善点なども学習します。業務ですぐ実践したい方におすすめです。
※ご持参いただいたDTPデータをもとに作成したデータは、お持ち帰りいただけます

開催時期
  • 1回目(中止)
    2018(平成30)年5月9日(水)・10日(木)・11日(金)
定員
各回6人
※定員に達し次第、締め切らせていただきます。締め切り後は、キャンセル待ちでご応募可能です。
キャンセル待ち応募人数が4人に達した場合は、追加開催を検討します。
※民間企業の方もご参加いただけます。
最少催行人数 各回4人
対象 ・今年度新規に広報担当となり、Illustrator,Photoshop,InDesignによる編集作業が未経験、またご経験の浅い方
・InDesignの習得だけでなく、IllustratorやPhotoshopにおける紙面を構成する素材作成と、美しいレイアウトを実現するための紙面レイアウト技法や文字組版の習得、また、実際の広報紙制作までトータルで学習したい方
【お申し込み前にご確認ください】
•普段制作している広報紙のデータ一式(InDesignやIllustratorのレイアウトデータ、作りたいページのテキストや画像素材等)をご持参ください。現在制作中の広報紙でも構いません。
データは必ずUSBメモリーでご持参ください(完成したデータはお持ち帰りいただきます)。CD-ROMなどの記録媒体は使用できません。
•パソコンにデータをコピーして作業を行いますが、パソコンにコピーしたデータはご自身で削除していただきます。
•フォントは教室内にある環境のものを使用します。そのため、普段使用しているフォントと同一とは限りません。
•InDesign CC以降をお使いの場合、InDesignのデータはidml形式(InDesign Markup file)の下位互換が取れた形式でご持参ください。
持ち物 ・普段制作している広報紙のデータ一式(InDesignやIllustratorのレイアウトデータ、作りたいページのテキストや画像素材等)
※データは必ずUSBメモリーでご持参ください
要求スキル パソコンの基本操作(ワープロソフト操作、Ctrl+C(コピー)・Ctrl+V(ペースト)などのキー操作)
使用OS Windows 7
※Macintoshを普段お使いの方もご受講いただけます。WindowsとMacintoshで、学習内容および機能の違いはございません。
使用ソフト Adobe InDesign CS6、Adobe Illustrator CS6、
Adobe Photoshop CS6 EXTENDED
申し込み方法 申し込み書に必要事項をご記入の上、ファクスでお申し込みください。
申し込み書はページ下部からダウンロードできます。
なお、予約は承っておりません。ご了承ください。
※ファクスでお申し込みが難しい方は、メールに申し込み必要事項をご入力の上、下記メールアドレスまでお送りください。受領後、受講可否の確認メールをお送りします。申し込み確認メールが届かない場合は申し込み受付が完了しておりませんので、お問い合わせ先電話番号まで必ずご連絡ください。
参加費 会員  73,440円
会員外 100,440円
本セミナーは一人にパソコンを1台ずつ用意する関係上、お申し込みの取り消しにつきまして、7日~2日前は30%、前日は50%、当日は100%のキャンセル料を申し受けます。あらかじめご了承ください。
支払い方法 参加証・請求書を受け取った後、セミナー当日までに指定口座にお振込みください。
参加証・請求書の郵送は、参加者が最少催行人数に達し開催が決定してからとなります。
カリキュラム
  • 1日目:9:30~11:30
    llustratorとPhotoshopの概要
    • llustratorとPhotoshopのデータ構造および役割
    • カラーモードの理解
    • イラストの描き方(ピクトグラム・ブラシによるドローイングと着色)
    • デジカメで撮影した画像の色補正やフィルター処理
    • DTPでの保存形式
  • 1日目:13:00~17:00
    InDesign の習得1(ペラ物を作りながら、基本操作を習得する)
    • DTPの流れと、Adobe Creative Suite(DTPによる広報紙制作の作業工程)
    • InDesign の基本操作
    • ペラ物を作成しながら、基本操作を習得
  • 2日目:10:00~17:00
    InDesign の習得2(見開きおよび縦組みを習得する)
    • ページ物を作成しながら、実践操作を理解
    • 縦組みを作成しながら、実践操作を理解
    • 広報紙データのレイアウト設計(文字組版とページネーション)
    • 複数のデータをまとめてブックを作成
    • 制作会社、印刷会社など、外注先とのやりとりに必要な知識の習得
  • 3日目:10:00~17:00
    組版規則およびレイアウト技法の習得
    • 組版規則の学習(記号約物の使い方と意味、約物同士の空き、文字サイズの決め方、タイトルやキャプションの組版、合成フォント、他)
    • 印刷及び製版工程
    • 画像のカラー管理
    • 出力線数を求める公式と、InDesignに画像を貼り込んだ後、拡大しても劣化しない理由
    • トラブル事例と出力トラブルを未然に防止する方法
  • 広報紙制作実習および受講者の疑問点・課題の共有
    • 参した広報紙データを元に、実際の広報紙の制作
    • 作業上の疑問点・課題の解決策の検討 ※疑問点・課題、解決策は、受講者全員で共有
会場 イマジカデジタルスケープ・トレーニングルーム
東京都渋谷区道玄坂1-10-8 渋谷道玄坂東急ビル8階

 

 

Adobe Readerのダウンロード

PDF (Portable Document Format) ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader(旧:Acrobat Reader)等のアプリケーションが必要になります。
最新のAdobe Readerプログラムを入手する

 

お問い合わせ・お申し込みは下記まで

  • 公益社団法人日本広報協会 事業部
    • 電話 03-5367-1702
    • ファクス 03-5367-1706

 

ページトップへ