お役立ちナビ

トップページお役立ちナビおすすめサイト > 地域情報研究所

おすすめサイト

地域情報研究所

「知域力」で地域を生かす

「地域情報研究所」

「地域情報研究所」は、日本全国のNPO、NGO、市民活動などを行っている様々な団体にスポットを当て、まちづくりや活性化への取り組みを支援するNGO団体。同研究所が開設しているサイトには数多くのコンテンツがある。

例えば「TiikiTiiki」では、東京・池袋や福岡・大牟田などの地域にあった歴史や文化などを掘り下げ、ユニークな地域活動を行っている団体の事例を紹介。「e-tiiki.net community 」では、コメットと呼ばれるグループウェアを使い、地域の活動や情報に興味を持つ利用者同士がサイト上で自由に交流を図れる場を提供している。

そのほか、地域とかかわる人達の声を紹介する「地域発」や、地域づくりに対して専門的なサポートを行う団体などを紹介する「otetsudai」など、豊富な内容が詰まったサイトである。

 

インタビュー

「知恵と情報を生かした「知域力」で地域を豊かに
田中恒明/地域情報研究所 所長

人や資源やお金がない、だから地域づくりや活性化ができない。こんな声をよく耳にします。でも地域には人や資源は実は豊富にあるのです。地域の知恵で、お金をかけずにできることはたくさんあります。こうした取り組みの上で重要なのが情報です。適切な情報発信、必要情報の共有や蓄積、それを整理・活用していくことが、これからの地域には求められます。しかし、情報ギャップがあるなど未成熟な状況です。地域情報研究所は、地域の知恵と適切な情報活用、すなわち「知域力」がこれからの地域には必要と考えています。こうした活動をサポート・支援するために研究所を創設しました。

現在、地域団体等の広報のサポート、草の根eコミュニティの推進、地域間情報プラットフォームの推進、子どもと学生による民学協働への支援、アートによる地域づくり、地域発見、地域通貨の推進、国連世界情報サミットへの参加など様々な活動に、「知域力発電所」として取り組んでいます。

 

トップページ
研究所が行っている様々なプロジェクトや、事例紹介ページへリンクする。 トップページ
「e-tiiki.net BLOG(arias)」
毎日更新の「e-tiiki.net BLOG(arias)」。各地で行われている市民ワークショップや、企業とNPOとの協働作業などのニュースを紹介。記事タイトルをクリックすると、画像とルポ形式の文章で構成された記事を読むことができる。 イー・チイキ・ネット・ブログ

(2003年掲載)

ページトップへ