セミナー・イベント

広聴セミナー 開催概要

2023年度実践セミナーの一環として、広聴セミナーを下記のとおり開催します。

開催概要
開催時期 2024年2月2日(金曜日)
内容 住民の声を政策に生かすノウハウを学ぶ
多様な住民の声の中から、政策に反映すべきニーズをいかに見出すか、地方分権時代に求められる自治体の広聴のあり方とは何か……。「広聴の現状」「広聴により得られた意見等 を政策に生かすまでの政策形成のプロセス」に関する講義と、住民のニーズの中から政策に反映すべき意見をいかにして抽出するか、広聴のポイントと手法を学びます。
定員 40人
対象 全国自治体・医療機関・教育機関・企業・団体の広報広聴業務担当者
参加費
  • 会員 21,450円(内消費税10%:1,950円)
  • 会員外 33,000円(内消費税10%:3,000円)
申し込み方法 ウェブフォームからお申し込みください。

ウェブフォームからお申し込む

ウェブフォームからのお申し込みができない場合は、ページ下部からファクシミリ用参加申込書をダウンロードして印刷し必要事項をご記入の上、送信してください。
支払い方法 申し込み受付後、メールで参加証と請求書をお送りいたします。請求書をお受け取り後、セミナー当日までに受講費を指定口座にお振り込みください。
カリキュラム
講師

浦野 秀一 氏
( あしコミュニティ研究所所長)

主な内容
09:00~09:30
受付
09:30~11:10
講義
(今、なぜ「広聴のあり方」が問われるのか)
(1)広報広聴活動の原点
(2)地方自治の変遷と住民と行政との関係の変化
11:10~12:30
グループ実習
(これからの広聴はどうあるべきか)
(1)話し合いによる意見出し
 {1}「広聴」の否定的要素・肯定的要素
 {2}「広聴」の望ましいあり方
13:30~15:10
(2)KIT-PT法による分析
(3)グループ発表と講評
15:10~17:00
講評
(これからの行政経営と「広聴」のあり方)
(1)住民と行政との情報の共有とは
(2)広聴マネジメントのすすめ
(3)広聴の充実と議会制度との関係
会場 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 106号室
(所在地)東京都渋谷区代々木神園町3-1
(アクセス)
小田急線参宮橋駅下車徒歩7分
東京メトロ千代田線代々木公園駅下車徒歩10分
問い合わせ 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-15-9 さわだビル10F
公益社団法人 日本広報協会 事業部
電話:03-5367-1702
備考 【メール受信設定のお願い】
送信元は「seminar@koho.or.jp」、「send@event-form.jp」になります。これらからのメールを受信できるように設定をお願いいたします。

 

 

Adobe Readerのダウンロード

PDF (Portable Document Format) ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader(旧:Acrobat Reader)等のアプリケーションが必要になります。
最新のAdobe Readerプログラムを入手する

 

お問い合わせ・お申し込みは下記まで

  • 公益社団法人日本広報協会 事業部
    • 電話 03-5367-1702
    • ファクシミリ 03-5367-1706

 

ページトップへ